~徒然だより~   お知らせ

2023 / 06 / 30  14:49

7月2日 「親様と一緒に夕涼み」のご案内

7月2日午後4時より

「親様と一緒に夕涼み」を開催致します。

Graphite-2023-05-16-18-00-14.JPEG

午後4時より鐘撞の後、

お勤め(約10分)

お話(約10分)

午後4時半より演奏となっております。

目では本堂の内陣の荘厳を。耳では水琴窟の調を。鼻では大香爐から漂うお香の香りを。

そして今回はオーボエとクラシックギターの音色を、親様(阿弥陀様)とききながら、お慈悲に包まれてお念仏の教えを味わっていただければと思います。

詳しくは寺報「光雲」令和5年6月号をご覧ください。

門信徒関係なく、どなたでもお越しください!

出入り自由、外からの鑑賞もOKです。

お子さんもどうぞ!

参加費はお気持ちをお賽銭へ。

 

演奏者

「Duo Pommes(デュオ・ポメス)」

ISC0519011.jpg

オーボエ・福盛貴恵

02611.jpg

クラシックギター・今村隆之

ISC0486811.jpg

↓寺報「光雲」令和5年6月号↓

pdf 令和5年 光雲6月号.pdf (0.98MB)

 

↓令和4年度の様子↓

https://innenji.jp/info/4638262

2023 / 06 / 19  15:11

【動画参拝】総永代経法要 令和5年6月18日

令和五年 六月十八日 

成就山因念寺 総永代経法要

 

 IMG-1562.jpg

 

亡き方々は仏様と成られ、南無阿弥陀仏の喚び声と姿を変え、

残された 私たちの心に働きかけ支え導いてくださいます。

亡き方の為を想い願っていた私が 亡き方に願われている。

手を合わせお念仏申す姿をみて、にっこりとほほえんでくれていることでしょう。

 

慌ただしく過ぎゆく世間の中で、

 

感謝の思いを胸に、

 

手を合わす時間となりますように。

 

 IMG-1571.JPG

 

 動画でのご参拝ありがとうございます。

 

 何代もの命と時間をかけて阿弥陀如来のお念仏の教えと、その教えが聞ける場所(お寺)をお護りくださったからこそ、永代の時を経て、今の私がお念仏の教えに出遭うことができました。

亡き方々は、阿弥陀如来の慈悲と智慧が満ち満ちたお経のお言葉を私に届け、豊かな世界を味わわせてくださいます。

亡き方の為と想い願っていた私が、亡き方に願われている。

永代経は、亡き方の成仏を永代に願うものではなく、亡き方が、私の成仏を願い支え導いてくださるそのはたらきに、感謝をして仏様と尊ぶ法会であります。

そしていつの日か、そのはたらきに加えていただくことを味わいながら総永代経法要を厳修致しました。

 

 ~お勤め~

 

00003 - frame at 0m1s.jpg

 

 お勤めの様子は記事の最後にあるURLよりご覧ください。

・三奉請

・表白

・法名札拝読

・法供養のご報告

・仏説阿弥陀経(訓読)

 

~法供養のご報告~

IMG-1543.jpg

IMG-1552.jpg

IMG-1548.jpg

IMG-1546.jpg

IMG-1553.jpg

IMG-1551.jpg

IMG-1549.jpg

IMG-1547.jpg

 

  参拝者の方にお下がりとしてお持ちかりいただきました。

法供養をしてくださった方々にお礼申し上げます。

 法供養に関しては記事の最後に資料を載せています。

 

 また、多くの方々より今回の法要にとお預かりしましたお供え物やご懇志に心よりお礼申し上げます。

 00003 - frame at 0m1s1.jpg

IMG-1550.jpg

花まつりは4月9日に行いましたが、

沢山お供えいただきましたので、永代経でも多くの方にお渡ししました。

 

~法名札拝読~

 法要にあたり、因念寺へ永代経を納めて頂いた方々のご家族へ法名札を送付させていただきます。法名札は、仏縁を結んでくださった亡き人に感謝し、総永代経法要をご縁にお寺へお参りし、お聴聞してくださるようにとのご案内でございます。お預かりいたしました法名札の故人の法名とご芳名を拝読させていただきます。

読み間違え等がございましたら申し訳ございません。

お預かりいたしました法名札の故人の法名とご芳名を拝読させていただきます。

 

読み間違え等がございましたら申し訳ございません。

多くの法名札を拝読してくなかで、拝読以外の方々、本当に多くの方々にお寺を支え育てていただいていることを感じました。

 

 ~ご法話~

IMG-0502.jpg

 

  御講師

浄土真宗本願寺派布教使

京都女子大学講師

 

赤井智顕 師

(兵庫県 善教寺 副住職)

 

亡き方を偲ぶということ】

~御讃題~

「 安楽浄土にいたるひと

  五濁悪世にかへりては

  釈迦牟尼仏のごとくにて

  利益衆生はきわもなし」

(『浄土和讃 讃弥陀偈讃』)

00012 - frame at 8m23s.jpg

 

ご法話はパスワードが必要です。

総永代経法要の記事にあるご法話のURLにパスワードを打ち込んでお聴聞ください。

パスワードを希望される方はお寺までご連絡ください。

 

長くなりました。それでは動画にてご参拝くださいませ。

 

~お勤め~ 

↓令和5年 総永代経法要 ~お勤め~↓

 https://youtu.be/NBr6kN8vMmE

 

 ~ご法話~

↓令和5年 総永代経法要 ~ご法話~↓

 https://innenji.jp/pc/password/free/joujusaninnenji/392965

上記のURLにパスワードを打ち込んでお聴聞ください。

 

 

~法供養~

↓法供養を提唱する意義↓ 

pdf 令和三年 報恩講法要 法話資料.pdf (0.15MB)

 

次回の法要は

・盂蘭盆会法要

814日 午後2時より

御講師

浄土真宗本願寺派 勧学

龍谷大学名誉教授

 

淺田恵真 和上

(当山前住職)

 

 

次回の行事は

・親様と一緒に夕涼み

72日 午後4時より

 ↓寺報「光雲」 令和5年6月号↓

pdf 令和5年 光雲6月号.pdf (0.98MB)

 

↓赤井智顕先生の御自坊「善教寺」のHP↓

http://www.zenkyoji.jp/aboutus.html

 

写真・動画の転用・ダウンロード等は禁止させていただきます。

 

お寺にご参拝・お聴聞くださった方々

動画にてご参拝・お聴聞くださった方々

お手伝いいただいた方々に

お礼申し上げますと共に

ご理解ご協力いただき

ありがとうございました。

また、多くの方々より今回の法要にとお預かりしました法名札、法供養、お供え物やご懇志に心よりお礼申し上げます。

 

 IMG-1568.jpg

2023 / 06 / 09  14:24

総永代経法要の御案内

総永代経法要

(そうえいたいきょう ほうよう)

6月18日(日)14時より厳修致します。

今年は参拝制限等は行いませんが、消毒や本堂の蜜を避ける為に別室でのモニター参拝などの対策は行います。

 

御講師は

本願寺派布教使・京都女子大学講師

赤井智顕 師

(あかいともあき)

918381.jpg

 

動画参拝は20日午後2時より

お寺への参拝、動画での参拝、皆様のお参りをお待ちしております。

 

↓総永代経案内 寺報「光雲」5月号↓

pdf 令和5年 光雲5月号.pdf (0.87MB)

 

↓赤井智顕先生の御自坊のHP↓

http://www.zenkyoji.jp/aboutus.html

 

2023 / 06 / 09  14:09

【漫才法話 アサカラザル】

お隣のお寺さん、旭照寺(きょくしょうじ)さんで、

6月11日(日)14時より

EPSON067.jpg

「旭照寺サンガの会」が開かれます!

そこで、漫才法話「アサカラザル」さんが来られるます!

私も初めてなのでとても楽しみにしています!

旭照寺さんのご門徒さん以外でもだれでもお越しください!!との事でしたので、お時間のある方は是非お参りください!

でもよそのお寺さんに行ってもよいのか・・・と迷われる方が多いですが、是非お参りください!

私もよく他のお寺さんへお参りさせていただき、沢山の先生のご法話をお聴聞させていただいておりますし、お坊さんだけではなくご門徒のかたも沢山お聴聞してほしいと私は思っています。

また、旭照寺さんのご住職は私が学生の時からご指導くださっていた大先輩でもありますし、坊守さんにも大変お世話になっております。

当日、旭照寺さんでお会いできるのを楽しみにしております!

質問等がございましたら旭照寺さんか因念寺にご連絡ください!

 

↓旭照寺公式HP↓

http://kyokusho.g.dgdg.jp/

 

EPSON066.jpg

 

【旭照寺サンガ】

仏教文化を学ぶ会。

 

【アサカラザル】

斜め45度から世間を見つめる伝道集団。

アサカラザルは、バンド法話・漫才法話を中心に読み聞かせ法話、マジック法話などなど進化を続けております!

 

2023 / 06 / 01  00:00

【寺報「光雲」】 令和5年6月号更新

令和5年 6月号です。

pdf 令和5年 光雲6月号.pdf (0.98MB)

 

↓過去の光雲は「因念寺報 「光雲」」よりご覧ください。

https://innenji.jp/free/pp1537371213

1